吹奏楽もぐら
?

私の音楽歴
小学校6年生
(その2)

 もう一つ,强烈な思い出がある。
 これも,6年生の时だったと思うのだけれど,ひょっとすると5年生の时だったのかもしれない。
 志太地区の音楽発表会が,焼津高等学校のホールで开かれた。焼津高等学校は,JR焼津駅から歩いて1分の所にある私立高校で,体育馆とは别に立派な讲堂(ホール)を持っている。そこで,音楽発表会が开かれたのだ。
 体育馆が,准备?チューニングの场所になっていた。
 私たちが出番を待っているときに,体育馆の一角でどこかの吹奏楽部がチューニングをしていた。おそらく中学校だったのだろうと思うのだが,なぜか「あれは岛田商业高校だったのだ」という気もする。ま,とにかくそのバンドが,曲の一部なのだろうか,全员で和音のロングトーンをやっていた。
 体育馆に响き渡るそのサウンドのなんと豊かなこと!
 吹奏楽を聴くのは初めてだったということもあって,そのサウンドの重厚さにしびれてしまった。
 これが,私にとって吹奏楽との出会いということになる。
 ただ,よくよく考えてみると,この记忆もずいぶん怪しいものだ。
 そもそも,あれは本当に志太地区の音楽発表会だったのだろうか。それも,小?中合同だったのだろうか。それを,どうして私立高校の讲堂を借りて开催したのだろうか。あれは,音楽発表会などではなく,もっと别のイベントだったのかも?
 でも,あのときに吹奏楽を初めて聴いたことだけは间违いない。
 ついでに,他校ではコントラバスではなくチェロを使っている小学校もあった。生チェロを见たのも,あれが初めてだった。

2004.08.05.(Thu.)


?