吹奏楽もぐら
?

私の音楽歴
小学校5年生

 5年生のときだった。「器楽クラブ」という放课後に活动する特别クラブを作るという话があった。当时,6年生は「クラブ活动」という时间があって器楽クラブもあったのだが,5年生まではそういうのがなかった。特别クラブは5年生だけが参加するということだったから,市内音楽発表会に参加するために集められたのではないかと思う。
 私は音楽をやりたいという気持ちはなかったが「クラブ活动」というものをやってみたいと思ったので,すぐに加入を希望した。
 器楽クラブでは,初めの顷は校歌や「若い力」をやっていて,市内小学校球技大会みたいなものの开会式で演奏したりした。菜箸で小太鼓の练习をしていた记忆がある。
 市内音楽発表会で演奏した曲は,チャイコフスキーの交响曲第6番「悲怆」の第1楽章だった。当时は何も思わずに练习していたが,今にして思えばすごい曲をやったものだ。リード合奏用の编曲も,このために谁かに依頼したようだ。手书きの楽谱だった。
 この曲をやるために,あらためてパート分けがあった。リード合奏だから,ハーモニカや键盘ハーモニカ,アコーディオンなどがあるのだが,その中にコントラバスがあった。私は,その楽器を见て冲撃に近いものを感じた。
「オーケストラにあるのと同じ楽器だ!」
実际には,4分の3スケールのコントラバスだったが,どうしてもそれを弾きたいと思った。コントラバスは,2台あった。コントラバスの希望者は,私を含めて3人いた。
 コントラバスは初めての楽器なので,昼休みなどに顾问のM先生が私たち3人に弾き方を教えてくれた。
  何日かして,実际に先生の前で演奏してコントラバスを弾く2名を选ぶということになった。その日の昼休み,私たち3人とM先生は,器楽准备室に集まった。M先生が,「きらきら星」を弾くようにおっしゃった。私たち3人は,顺に弾いた。3人が弾き终わって,M先生は,「先生には2人を选ぶことができないから,あなたたち3人で决めなさい」とおっしゃって,职员室へ戻ってしまわれた。残された私たちは他の2人に譲ることなど考えるわけもなく,ただ时间だけが过ぎていった。
 结局,クジ引きという最も平和な方法で决めることになった。
 その结果,私がハズレを弾き,バス?アコーディオンをやることになった。
 希望のコントラバスを弾くことはできなかったが,ここでの音楽との出会いは文字通り一生を左右するものとなった。当时,私たちの中では男の子が「音楽が好きだ」と言うのは耻ずかしいものがあったのだが,それでも私は「音楽が好きだ」と言うようになったのだ。

2002.08.24.(Sat.)


?