数学もぐら
?

进学塾の数学


 私の娘は中学1年生。とうとう市内にある进学塾S予备校に入ってしまった。夏休みの夏期讲习に行くことを家内と决めたと闻いたときにはいやな予感がしていたのだ。で,気がついたら,もう2学期から正式に通うことを申し込んでしまったと言う。
 塾の数学テキストを开いてみた。さすがに商売だけあって,あらゆるパターンの问题が网罗されている。别册で练习问题集もある。中间?期末テスト対策用の问题集もある。これだけこなせば,确かに力はつくはずだ。
 でも,何かが足りない。何かが违う。もう一度,テキストを前书きから熟読してみた。
 前书きにもこんな言叶が出てくる。
 曰く, 「これを缲り返し解くことが,数学を得点源にする第一歩だ。 」
 また曰く,「S塾のテキストがすべて解ければ,テストで満点がとれるはずだ!」
 そうだ!このテキストに书かれているのは,数学の点数の取り方であって,数学ではないのだ!!
 数学のテストで点を取る方法が身についたからといって,数学が身についたわけではない。水族馆のオットセイが器用にラッパを演奏する。キーボードを演奏する。すばらしい芸だと思うけれど,オットセイにはおそらく音楽を演奏しているという自覚はない。塾がやっているのは,オットセイにラッパやキーボードを鸣らす方法を教えることであって,音楽ではないのだ。だから,オットセイは音楽を楽しんではいないだろう。楽器の音を出すこと自体は楽しんでいるかもしれないが。
 こんなことをするから,「数学なんか勉强して何の役に立つのか」なんていう疑问が出てきてしまうのだ。普段の生活の中で,数学の授业の时间以外に,一次方程式を解くことはおそらくない。分数のわり算だって,おそらく使うことはない。问题の解き方だけを教わったって,テストが终わってしまえばただの无駄な知识になってしまうのは当たり前なのだ。数学なんて无用の长物に思えるのは当たり前なのだ。そんなふうに数学が自分の人生にとって有用かどうかと考える力こそが,「学校の数学」で养われた力なのに。
 それにしても,テストで点数をとることに目的を特化するのであれば,どうして塾は学校の授业より先行するのだろうか。点数をとらせたいのなら,予习をするのではなく,复习をする方に力を入れた方が効果的なのは明らかなのに。学校の授业で学习した内容を塾でしこたま演习してくれれば,テストの点数は面白いように伸びていくはずなのに。そして,塾のお好きな「トップ校」へ合格する得点力をつけることができるはずなのに。
 いま,私自身がやっている授业は,1次式の计算の学习が始まったばかりだ。娘が塾のテキストで解いているのは,1次方程式の応用问题だ。1ヶ月ぐらい先の内容をやっていることになる。当然,娘は理解できていない。教え込めば1次方程式の応用问题ぐらい解けるようになるだろうが,それはオットセイがラッパを吹けるようになるのと少しも変わらない。私の娘はオットセイではないのだ。
 とは言うものの,世间の亲御さんたちは,夕食の後,勉强もせずにテレビを见てゴロゴロしている我が子を见ると,塾に入れずには入られないのだろう。その気持ちは,それはそれでとってもよくわかるのだ。
 でも……。

2004.09.08.(Wed.)


?