数学もぐら
?

新指导要领で学力は低下するのか


 小中学校では今年から新しい指导要领による授业が完全実施されることになった。新しい指导要领の特徴は,土曜日が毎周休みになったことと,それに対応して学习内容が平均3割削减されたことだろう。
 このため,子どもたちの学力が低下するのではないかということが盛んに心配されている。特に塾なんかはそれを声高に叫んでいて,塾生を増やそうと一生悬命だ。
 でも,本当に学力は低下するのだろうか。
 そもそも,学力が低下するっていうのは,具体的に何がどうなることなのだろうか。
 学习内容が3割削减されたって,学力が低下するわけではないだろう……,ずっとそんな気がしてきた。
 たとえば,今の中学校数学の教科书には不等式というものが载っていない。だから,今の中学3年生は不等式の解き方を知らない。もし,不等式をまだ教えていた顷のテストを今の3年生に解かせれば,不等式の解き方を知らないのだから,その分だけ低い点数を取るだろう。でも,そんなふうに点数が下がっても,学力が下がったということにはならないと思うのだ。
 たとえて言うと,「学力」というのは「器」だと思うのだ。これから长い人生を生きていく中で,いろいろなことを勉强していかなければならないし,たくさんの知识や技术や知恵を身につけていかなければならない。それらを入れる「器」が「学力」なのだと思う。この器は,中に物を入れると,それが刺激となって器自体が大きくなっていくのだ。その,「中に入れる物」というのが,数学で言えば「式の计算」であり「関数」であり「図形の证明」であったりするわけだ。だから,「不等式」の学习をしなくなったというのは,中に入れる物が少なくなったというだけであって,「器」自体が缩んだわけではないのだ。
 人间はそれぞれ个性があるから,それぞれが持っている「器」だっていろいろな大きさがある。300mlの器の生徒もいれば,700mlの器の生徒もいる。それなのに,いままではどの生徒にも500mlの物を入れようとしていた。だから,700mlの生徒はなんなくそれを饮み込めたけど,300mlの生徒は200mlをこぼしてしまっていた。もちろん刺激を受けて器は大きくなるけれど,それでも300mlの器がすぐに500mlになれるわけではない。やっぱりこぼしてしまうのだ。で,えてして,こぼしてしまった物の方に大切な物が含まれていたりするのだ。
 それなら,器に入れる物は300mlにしよう。300mlの物を入れてそれでもまだ余裕がある生徒には,さらに追加できるようにしよう。というのが,今回の指导要领の考え方なのだと思う。
 学习内容の多い方が学力が高くなるというのなら,日本国民はずっと学力低下中だということになるんじゃないのかな。私が中学生の顷は,中学校の数学で集合论を教えていた。でも,その顷の中学生が大人になってみんな立派になったのだろうか?ならなかったから,反省して教育を変えようとしているんでしょ?教えられてもパソコンが使えるようにならないオジサン?オバサンと,教えなくても使えてしまう今の中学生と,どちらの器の方が大きいんだろうか。つまり,どちらの方が学力が高いのだろうか。
 学校で勉强する时间が减った。勉强する内容も减った。だから学力が下がるだなんて,単细胞な考え方はやめようじゃないの。

2002.09.09.(Mon.)


?