January 01, 2016

2016年を迎えて

2016年。
私の教员生活も、あと3年となる。
中学校は3年间なので、「あと3年」は「あと1サイクル」と感じられる。
これから3年间が、いろいろな点で「最後のチャンス」と思える。

まずは、吹奏楽部。
そもそも私が教师になったのは、高校1年生の时に、「中学校の吹奏楽部の顾问になりたい」と思ったのが始まりだった。吹奏楽部の顾问になれたのは教师になって20年目だったけれど、ともかく梦は叶った。
あとは、吹奏楽部顾问としての実绩を残したい。
A编成で、「ゴールド金赏」の声を闻きたい。
もちろん、金赏が目的ではない。
金赏は、あくまでも目标だ。
目的と目标を混同すると、方向を见误ることになる。
去年は、思いがけず、金赏の次点だった。
ならば、今年は金赏を目标にしよう。

そして、数学教育。
あと3年。うまく、1、2、3年と持ち上がることができるだろうか。
こればかりは、4月にならないとわからない。
现在校に勤めているかどうかすら、今はわからない。
この2年ほどの间に、数学という教科で育てるものは「表现力」だという确信を持つようになった。自分が考えていることを、相手に理解してもらえるように表现する力を育てるのが学校の数学だと思うようになった。
问题が解けただけではダメなのだ。それを、他の人に説明できなくては。
音楽も絵画も文芸も表现だけど、数学がそれらと违うのは、解釈の违いが存在する余地がないように表现しなくてはならないこと。そのために、记号や式が必要になってくる。
塾が教える受験数学とは、この点が违うのだろうと思う。
受験数学は、受験が终わったら役立たずになってしまう。

最後の1サイクルが、始まった。

Posted by mogura at 11:59 P | from category: Main | TrackBacks
Comments
No comments yet
:

:

Trackbacks