February 02, 2016

帯状疱疹ですよ

1周间ほど前からだったろうか、胸の中央あたりに钝い痛みを感じるようになった。
狭心症とか?と思ったけれど、痛みが局所的だし、表面に近い感じがする。肋骨の表面という感じか。

そのうち、背中にも似た痛みを感じるようになった。
手を後ろに回して痛いところを触ってみたら、何か「プツン」とできているのが触れた。
虫に刺されたとことが化脓したんだろうかと思った。でも、こんなところ、虫に刺された覚えはないのだけど。
次の日、背中の痛いところをまた探ってみると、何と「プツン」が8个ぐらいに増えていた。しかも、それがほぼ一列に并んでいる。

これって、あの「帯状疱疹」ってやつか?胸の方の痛いのも同じなんだろうか。

昨日见たら、胸の方の痛いところにも、赤く蚊に食われたような迹が2つできていた。

そこで、今日、いつもアトピーで诊ていただきている医者に行ってきた。
「背中に何かできちゃったんですけど」
と言って服を脱いで背中を见せると、
「あ~、これは帯状疱疹ですよ」
と先生がおっしゃった。
そして、私の胸を见て、
「やっぱり、こっちにも出てますね」

帯状疱疹て、体の前後に同时に出るものなのか?

私の场合、もうピークは过ぎて治り始めているのだそうで、一応饮み薬をもらってきた。

でも、帯状疱疹というのは、体の抵抗力、免疫力が落ちている时に、水痘のウィルスが顔を出してなる病気のはず。

ということは、私は今、抵抗力が落ちているのか。

それは、大変にまずい。
学校では今、インフルエンザが増えつつある。1年生は2学级が学级闭锁になっている。
帯状疱疹になるような状态では、インフルエンザウイルスに负けてしまうかもしれないではないか。
「青汁とヤクルト400を毎日饮んでいるから大丈夫です」
なんて强がっている场合ではないのだ。

最近、仕事が忙しくて睡眠时间が激减している。
反省しよう。
睡眠时间を削って仕事をして健康を害するなんて、プロとして耻ずかしすぎる。
ということで、今夜はもう遅いから、明日から早寝をすることにしよう。


【个人的メッセージ】
仆のブログを読んて、「先生は最近体调が优れないみたいだ」と心配してくれているSへ。
全然、そんなことないからね。
病気ネタをブログに书けるってことは、普段は思いっきり元気だということです。
心配しないで。


23:59:00 | mogura | comments(0) | TrackBacks

January 29, 2016

寒かった

わ~、久しぶりのブログ。
结婚式に行った话以来か。

まあ、それだけ仕事が忙しかったのだ。
昨日、私立高校の出愿が终わったが、そのための准备がいろいろあって、ブログを书いている暇も気力もなかった。

それにしても、今日は寒かった。
今周の初め顷だったか、静冈でも最低気温がマイナス5度近くなった日があった。周末になって少し寒さが缓んできたかと思ったけれど、今日はまた寒くなった。
朝の方が暖かかったかな。
昼顷から、だんだん冷えてきて、学校の廊下は冷蔵库みたいになってしまった。

このままいくと、明日は雪になったりしないのだろうか。

インフルエンザが増えてきたので、明日の部活は取りやめ。
完全に休日なので、雪が降るなら降ってくれてもいいのだけど。

22:38:26 | mogura | comments(0) | TrackBacks

January 09, 2016

教え子の结婚式

教え子の结婚式に招待されて、行ってきた。
骏东郡清水町のハートフィールドでのチャペル结婚式だった。

新妇が、10年ちょっと前の吹奏楽部の卒业生。1年生の时には、私が担任だった。

结婚式は、チャペルで行われた。
圣歌队ではなく、男性と女性が1人ずついて、式の中で賛美歌などを歌ったりした。
この2人の歌が、半端なく上手かった。明らかに音大で声楽を専攻していた人に违いないのだけれど、その中でも平均以上の歌唱力を持っているように思えた。
あの2人、この结婚式场の専属?他に主たる仕事场を持っていて、结婚式のある时だけ呼ばれて来るのだろうか。ズーラシアンブラスみたいな感じ?

披露宴は「シンデレラ」がテーマなのだそうで、确かに入り口からミッキーマークの表札が挂かっていたりした。
披露宴のテーブルのセンターに置かれたアレンジメントフラワーにも、ミッキー?ミニーやシンデレラなどが饰られていた。
披露宴の开始、新郎新妇入场のBGMは「Part of Your World」だった。
一番惊いたのは、出てきた料理、例えばスープに入っているカブやニンジンが、ミッキーやミニーの形に切り抜かれていたこと。
ここまでディズニーに彻してくれる结婚式场って、そうないんじゃないかな。

実は、教え子の结婚式に出席するのは、これが初めて。
「恩师」というと、たいてい一番上の席に「上司」などという人たちと一绪に座らされたりするのだけれど、今日行って座席表を见たら、出席者の中で「恩师」と书かれているのは私だけ。あとは、亲族と友人?先辈だけだった。上司もいなかった。
友人たちだけを招いての披露宴に、私だけが恩师として呼ばれたとしたら、とても光栄なこと。
席も、ご家族と一绪のテーブルにしてもらえたので、気を张ることなく、楽しい时间を过ごすことができた。

23:59:00 | mogura | comments(5) | TrackBacks

January 04, 2016

初出勤

今日から、出勤。
午前中は、部活。
今まで1月4日に部活をやったことはないのだけれど、今年は飞跃を目指して今日が吹き初め、弾き初め、叩き初め。

もう明日の5日は始业式。
なんと早いこと。
昔は7日ぐらいまで冬休みだったのに。
明日の准备をしていたら、生徒が「数学を教えてください」と言って职员室に入ってきた。
冬休みにわざわざ学校まで质问に来るとは、さすが受験生。
见ると、质问する问题の番号を书いたメモを持っていた。正月返上で勉强していたようだ。

家内の勤务校も、娘の会社も、明日まで冬休みだという。
もちろん、息子の大学も。
私一人が、明日から通常モード突入。

23:59:00 | mogura | comments(0) | TrackBacks

January 01, 2016

2016年を迎えて

2016年。
私の教员生活も、あと3年となる。
中学校は3年间なので、「あと3年」は「あと1サイクル」と感じられる。
これから3年间が、いろいろな点で「最後のチャンス」と思える。

まずは、吹奏楽部。
そもそも私が教师になったのは、高校1年生の时に、「中学校の吹奏楽部の顾问になりたい」と思ったのが始まりだった。吹奏楽部の顾问になれたのは教师になって20年目だったけれど、ともかく梦は叶った。
あとは、吹奏楽部顾问としての実绩を残したい。
A编成で、「ゴールド金赏」の声を闻きたい。
もちろん、金赏が目的ではない。
金赏は、あくまでも目标だ。
目的と目标を混同すると、方向を见误ることになる。
去年は、思いがけず、金赏の次点だった。
ならば、今年は金赏を目标にしよう。

そして、数学教育。
あと3年。うまく、1、2、3年と持ち上がることができるだろうか。
こればかりは、4月にならないとわからない。
现在校に勤めているかどうかすら、今はわからない。
この2年ほどの间に、数学という教科で育てるものは「表现力」だという确信を持つようになった。自分が考えていることを、相手に理解してもらえるように表现する力を育てるのが学校の数学だと思うようになった。
问题が解けただけではダメなのだ。それを、他の人に説明できなくては。
音楽も絵画も文芸も表现だけど、数学がそれらと违うのは、解釈の违いが存在する余地がないように表现しなくてはならないこと。そのために、记号や式が必要になってくる。
塾が教える受験数学とは、この点が违うのだろうと思う。
受験数学は、受験が终わったら役立たずになってしまう。

最後の1サイクルが、始まった。

23:59:00 | mogura | comments(0) | TrackBacks